ずっと書き出せなかったので。どうでもいいことから書いてみる。

 

たまごが先か、にわとりが先か。なんていう言葉で。新しい何かを創り出す時の順番が議論されることがあるけれど。

 

にわとり、という完成した何かを先に出そうとすると、いつまでたっても何も生みだせないんじゃないかと思った。

 

だから、にわとりになれるかどうかわからない「たまご」というものを、とにかくつくってみるのが大事なんじゃないかと思った。

 

何千、何万とつくっていけば、いつかそのたまごから鶏が生まれるかもしれない。

 

いきなり、完成度の高い、にわとりなんて作れないよ。

 

にわとりを想像して、たまごをたくさん作るよ。っていう想いでこの記事を書き始めてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です