PMP:学習第1週目の週末土曜日

学習開始第1週目の、土曜日夜。いきなり予定を大幅にビハインド。水曜日を予備日にしていたものの、結果的に何も対応できていなかった。仕事の打ち合わせが多かったのである。(→ 上記のスライドシート

 

どう忙しかったか、どういう状況だったかを表現したのがカバー写真のプレシデンス・ダイアグラム法で描いたスプレッドシート(ってこんなことしてるから余計に忙しくなるんぢゃw)。某プロジェクトの立ち上げで、自分が後続するタスクのボトルネックにならないようにあがいていたわけです。

 

左側の自分の作業(アクティビティ or タスク)のノード(四角い箱)が、後続するタスクに完全に先行しているのだ。大きなプロジェクトでは、プロジェクトマネジャーが実際に作業することはあり得ないかもしれないけど、小さなプロジェクトでは、基本的にプレイイングマネジャーとして動かないと、QCDすべてを満たすことが困難となる。Q(クオリティ)に関しては、自分が上手にコーディングできるという意味ではなく、トライアンドエラー(行ったり来たり)を最初に繰り返し、プロダクト・サービスのオリエンテーション(方向性)を決める作業をすることが、結果的に良いクオリティに繋がると考えているという意味です。C(コスト)に関しても、Qを満たそうとトライアンドエラーを繰り返すような業務を他の人にやってもらえるほどキャッシュリッチなプロジェクトに現在いないという事もあり。てかスタートアップってだいたいそうだよね。でそんな中、D(デリバリ:納品)についても守ろうとあがくと、結果的に左側の自分の作業に黙殺されるのである。

→ プレシデンス・ダイアグラム法の説明:『ADM(アロー・ダイアグラム法)、PDM(プレシデンス・ダイアグラム法)、AON(アクティビティ・オン・ノード)の違い(ぱと隊長日誌)』

 

PMBOKの第10章によれば『プロジェクト・マネジャーは勤務時間の 90 %をコミュニケーションに費やすものとされ、コミュニケーションはプロジェクト・マネジャーのスキルとして非常に重視されています。プロジェクトを進める上で、コンセンサス形成のための情報発信を常に行う必要があります。』とのこと。90%かよ!

 

  • 要求事項の収集・確認を行う。
  • プロジェクトの状況を報告する。
  • ステークホルダーに支援を仰ぐ。
  • 各種の課題の解決策を討議する。
  • チーム・メンバーに各種の指示を行う。
  • チーム・メンバーや調達先から報告を受ける。
  • 調達先と交渉を行う。

 

あと、開発の初期フェーズでは、いろんな「悪いリスク(=脅威)」を排除しておきたいから、コミュニケーションが増えちゃうんんだよね。発注者は基本的に、自分がやりたい事を思いつきで語る傾向が大きいから、あとで「覆水」しても盆には返らないよっていうことをよくわかってもらえるようにいろんな角度から質問しつづけないとならないし。デザイナーにはプログラマーがどう考えて後工程を行うのかっていうイメージを強く持って作業して欲しいし(あ、良いUI/UXを作るというのは大前提だよもちろん)、プログラマーには、将来的にどうこのシステムを使っていきたいかという大きな世界観を持ちながら開発して欲しいしね。

 

ちなみに今「悪いリスク(=脅威)」について描いたけど、リスクっていうのは「将来その状態が生じたときに、スコープ、スケジュール、コスト、品質などのプロジェクト目標のうち1つ以上に影響を与える不確実な事象あるいは状態」の事だから、いま調整をがんばっておけば良いプロダクト・サービスに繋がっていくと考えれば「良いリスク(=好機・オポチュニティ)」だと捉えられるわけですね。

 

を意味します。一般的な言葉のイメージのリスクは、危険性などの望ましくない事項を指すことが多いのですが、プロジェクトマネジメントにおけるリスクは、必ずしも悪い意味だけを持つものではありません。

 

あ、ちなみに今日書いたあたりは、実際にいまやってる仕事の感想と、今日やったPMPの勉強がごちゃまぜになってます。でも忙しいからそういう風にしないと勉強できないのよ…

ということで、本日の進捗!


『PMP勉強スケジュール』のスプレッドシート

 

明日のバリバリやんないとだな。来週もディレイが拡大していくようだったら、一度計画を見直す必要がありそう。ひとまず頑張る。

 

あ。あとeラーニングのチューターの人からコメントバックきた。

 

このコメントバックのもととなる記事は前回のエントリーなので。ほんとはWordPress改造してタグ一覧とか作りたいんだけど。いまそれどころじゃないのでもう少し落ち着いてきたら一覧作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です