PMP に向けて、始動。

「Webディレクターのミカタ」というタイトルで始めた、このメディア。タイトル画像も超優秀なクリエイターが小道具から撮影まで行って作成しました。
ここではWebディレクターとしての視点で、ネット界隈のことや、カルチャーについて書く場所にしたいなと思ってたんですが、最近お客様の自分たちに対するニーズは、Webディレクターというより、ネット関連プロジェクト全体を、事業〜システム実装〜運営まで全部見て欲しい、プロジェクトマネージメントして欲しいという風に変わってきているなと感じています。

 

上流工程のビジネスロジックを理解しつつ、システムを設計・開発進行し、運営もサーポートする。

 

そういう背景もあり最近、まずは社の代表である自分からまず、PMPを取得しようと考えています。

 

PMPは、公式サイトで以下の通り説明されています

『PMP® とは、PMI 本部が認定しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。
PMP® 試験は、PMI が策定した知識体系である PMBOK® (Project Management Body of Knowledge) ガイド に基づいて実施され、受験者のプロジェクトマネジメントに関する経験、教育、知識を測り、プロフェッショナルとしての確認を目的として実施されます。
専門知識を有していることを証明するために、米国PMI本部が資格認定を行うものであり、法的な資格、免許ではありません。

PMP® 資格は、プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、プロジェクトマネジメント・スキルの評価基準として、IT・建設をはじめとする多くの業界から注目されています。』

 

資格取得には、最低でも10万円以上必要で、資格維持にも年間あたり数万円必要というリッチな資格なんですが。これまでの経験を一度体系的にまとめておくことで、今後お客様とのコミュニケーションも円滑に行うことが可能になると思うし、今後プロジェクトマネージメントの仕事を増やしていくには何らかの「バッチ」があった方が良いだろうという判斷です。

 

これから、試験勉強の計画から合格まで、定期的にこの場でも記録を残していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です